世界一美しいマクドナルド

世界一美しいマクドナルド

 

若かりし日の写真シリーズとはやや脱線することにはなるんですが、余談として。

 

僕の留学したハンガリーの首都、ブダペスト。

ドナウ川を挟んでブダ地区とペスト地区に分かれていて、セントラルや学校がある地区はペスト地区で、僕はそっち側に住んでいました。あー、こうやって記事を書いていると当時の情景が思い出されてめちゃくちゃ行きたくなってきました……。本当に美しくて良い街でした。

僕の訪れた場所ランキングでトップ3がサンフランシスコ、セビーリャ、そしてブダペストなんです。

 

 

また脱線しましたが(笑)、そんなわけでとにかくブダペストは街並みがとても綺麗なんです!住宅街やアパート群のあたりは閑静で賑わってはいませんが、ちょっと通りを変えればガラリと雰囲気が変わります。

 

スポンサーリンク
Advertisement

 

 

そんなブダペスト、もちろん観光地は山のようにある、というかその辺を歩いているだけでも観光になるレベルですが、ささやかな目玉としてマクドナルドがあります。まさかこの短いスパンで再びマックについて話すことになるとは…笑

 

どうですか!

ブダペストにかかれば世界一のファーストフードチェーン店が、もはや欧風の古城です。

世界一美しいマクドナルド なんて呼ばれています。

 

まぁブダペストに限らず、特にヨーロッパは外観が古めかしい石造りのままというお店が多いんですけどね。日本の「M」の看板とドナルドさんに見慣れている僕としては衝撃を受けました。

 

逆にアメリカのワシントンD.C. なんかはめちゃくちゃかっこいい近代的なビルの1階〜半地下がマクドナルドの店舗になっていて見た目が超オシャレだったりします。詳しくないけど、そういうのなら東京にもありそうですよね。どうでも良いですね。笑

 

 

お店の中の写真はなぜかこれしかありませんでした。

 

当時、確か撮影禁止ではなかったけど、あんまり撮らないでね的な雰囲気、圧をすごく感じて堂々とカメラを向けられなかったんですよね。なので携帯のカメラでこそっと撮らせてもらったような覚えがあります。

 

でも「ブダペスト マクドナルド」と検索すれば結構写真出てくるので、興味があれば(あるかなぁ?)是非一度調べてみてください。

 

 

 

当時もちろん自炊はよくしていましたが、こういったファストフード店にもよくお世話になりました、良くないんですけどね。安いし、頻繁にクーポンが届くし、ドリンクが飲み放題だったので何倍もおかわりして友達とよくおしゃべりしたものです。

 

 

そのおかげで、当時は今と比べれば筋肉は無いに等しいくらいだったのに、体重は今現在より3〜4kg重かったですね。筋肉量を考えれば今より脂肪だけで7kg近く重かったんじゃ無いでしょうか…おいおい。笑

 

 

もちろんマックだけのせいじゃなくて、ハンガリーはとにかくご飯が美味しくて、どこに何食べに行ってもハズレがなかったんです。お料理もスイーツも。内陸なので唯一魚料理は当たり外れありましたが、そのほかはどれも若者の舌にマッチするものばかりでした。

つまり高カロリー高脂肪高塩分と、まぁ不健康ですよね。初めての一人暮らしでいまいちセーブも効かず、最初の2ヶ月くらいは結構太ってしまったのを覚えています。

さすがにマズイと気づいて、そこからは外食の頻度も減らし、体重は落ち着いていくんですが一時期は大変でした。多分留学あるあるだと思います。笑

 

 

それでは今日はこの辺で。

ポチッとお願いします。