半年間のアルバイト生活(※8年前の話です)

半年間のアルバイト生活(※8年前の話です)

 

若かりし日の写真シリーズ第2弾。

今日はこれ!

 

 

はい、バレエの写真じゃないです。笑

 

タイトルもこれ、下手したらタイトル詐欺になるんじゃないかと思いましたが、まぁ嘘はついてないので。。。笑

 

 

そう、高校を卒業したのが三月、バレエ団に入団するのが九月。つまり半年間空くわけですよね。その間何もしないでぶらぶらしてるわけにはもちろんいきませんし、バレエの練習をすると言っても一日中やってたら死んでしまうし、僕は長い時間だらだらやってもあまり上手くいかないタイプ。

 

飛行機代と言っても安くはありません。せめて飛行機代くらい稼いでから出国したい!ということで半年間限定で、無理を言ってアルバイトで雇ってもらったということがありました。今から8年ほど前の話です。

 

 

短期間でも雇ってくれるところってそんなに多くなくて、バレエほったらかしで働きづめというわけにもいかなくて、よく分からないけどとりあえず、ということで近所のマクドナルドで働いていました。この写真は、高校の同級生が働いてる僕を訪ねてきてくれた時のもの。

 

 

当時の僕は働いてみて初めて、お金を稼ぐ大変さが身にしみました。田舎のマックということで時給もあまり高くはないですし、想像してた数倍激務でした。今まで僕のバレエに費やしてきたお金は、両親のこういう苦労があってこそなんだなと、頭ではぼんやりわかっていても、実際に身体で体感してみてよく分かりました。

 

そういえば、バレエとバイトに明け暮れヘトヘトだった当時の僕を笑った人がいました。あの時は腹が立ちましたが今になってみれば、あの人は人として大事なことを一つ僕より知らないんだなと、冷静に思えます。

あのアルバイトしてた半年間は、人生で大事なことをたくさん教わった気がします。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ポチッとお願いします。