お知らせ

お知らせ

 

今日はお知らせがあります。

 

タルサバレエの残りの2019-2020シーズンがキャンセルになったことです。

 

タルサ市長により、タルサは3/29から、少なくとも4月16日まで外出禁止命令が出されました。

これによって、一般市民は食料の買い出しや病院などの必要不可欠な用事以外での外出を禁止されました。とは言っても、人と人との距離を1.8m保てば外に散歩しにいったりサイクリングしたりしてもいいらしく、「ドライブスルーのサービスをしているレストランに足を運んで彼らを支援してあげて」という声明も出ています。

 

また、「警察によってこの命令は施行され、必要に応じて逮捕もある」としながらも「外出許可証などは必要なく、走ってる車を停めさせて行き先をチェックしたりはしない」らしいので、結局は個人の判断に委ねられる感じです。

もちろん、だからと言って公園でみんな集まって遊んでたりしたら捕まるんでしょうけど……。

 

 

そしてこれは当然、産業にも影響します。スーパーや病院、公共の施設などなど必要不可欠な仕事以外はオフィスに集まっての仕事は禁止されました(在宅ワークのみ許可)。残念ながらバレエカンパニーは「国民の生活に必要不可欠な仕事」とは見なされないので、我々も仕事は休まざるを得ません。

 

 

そういう状況も加味して、タルサバレエは今シーズンの運営の継続を不可能と判断し、シーズンをキャンセルすることを決定しました。本当に残念です。

 

残りのプロダクションの一つ「VENDETTA」は 2020-2021シーズンに持ち越され、いくつもプロダクションに変更が生じます。それらについての詳細はまた後日お伝えします。

 

 

最後のプロダクションのトリプルビルに関しても、おそらくキャンセルでしょう。外出禁止が解かれる時期によっては、あるいはライブストリーミングでの公演などはあるかもしれませんが、現状その可能性も絶望的かと。カリフォルニアなんかは5月1日まで外出禁止命令が延びるなんて話も出ていて、オクラホマもそれに続く可能性はないとは言い切れませんしね。

 

 

そういうわけで、スタジオで自習もできないけど、だからと言って家でずっとだらけていたら死んでしまうので家でできるトレーニングを今は頑張ってますが、限界はあるのでなかなか大変です。インドア派なので別にそこまで苦ではありませんが、なんとなく気分は鬱々とします。

 

スポンサーリンク
Advertisement

 

まぁ、いろいろありますが、今はとにかく耐えるしかありません!頑張ります。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ポチッとお願いします。