「ドロシーとオズの王子」終演

「ドロシーとオズの王子」終演

 

木曜日の公開ゲネプロ、そして金〜日曜日の3つの本公演、無事に全て終演いたしました。

 

2020年1発目のパフォーマンスということで団員皆で、一致団結して踊ってまいりました。お客さんの反応は上々で、みなさんに楽しんでいただけたことが何よりでした。

 

 

 

僕のハイライトはやっぱりカカシ役ですね。3年前に作品を1から作った時からキャスティングしていただいて、今回も踊らせていただけたということで、メイクから踊りから役作りから、全て練り直して臨んだ本番でした。

 

1番の見せ場、1幕序盤のエメラルドシティでドロシーを歓迎する踊り。

カカシはトリッキーなジャンプや回転が多くて、バタバタとスピード感ある踊りを披露したと思ったら次の瞬間にはアダージオのようなゆったりした動きもやらなくてはいけないという、とても難しい役。そしてこの大きな帽子が結構邪魔で(笑)、これに慣れるのにも一苦労でした。

 

 

ドロシーと。

彼女もまた、3年前のオリジナルキャストです。前回はキャストの組み合わせ的に一緒には踊らなかったんですが、今回一緒にオズを冒険できてとても楽しかったです!

 

 

スポンサーリンク
Advertisement

 

このバレエはとにかく大道具、小道具、舞台セットが大変な作品で、踊りも大変なのにそれ以外に気にしなくてはいけないことが山ほどあって本当に難しいんです。実際、全てがうまく噛み合って「ノーミス」だった公演はないんじゃないか?というほど。

 

そんな中で無事に全ての公演を終えられたことに、とにかくホッとしています。

大変な状況にありながらしっかり踊りきったダンサーみんな、必死に動いてくれた裏方さん、温かく見守ってくれたお客さん、全ての人に感謝です。ありがとうございました。

 

 

1月に祝日返上でリハーサルしていたこともあって、なんと振り替えで月曜日と火曜日はお休み!!いえい。ゆっくり休んで、水曜日から始まる新しいプロダクションも頑張ろうと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ポチッとお願いします。