最初のプロダクション終了

最初のプロダクション終了

 

2019−20シーズン一つ目のプロダクションが無事に終了しました!

二週間に渡る全10公演+ファウンダー公演1つ。

幸運にも全公演に出演することができ、大きな怪我をすることもなく無事に乗り切ることができました。

 

Prawn Watchingのメンバー。

 

 

Escaping from the weight of darkness のメンバー。専属振付家の作品です。

 

こちらはリハーサルより、escaping~~ のソロの抜粋。

これすごく難しくて、毎回出来が違うと自分で感じるというか、常に同じクオリティを保つのがとても難しいソロでした。でもこのソロをもらったことで、また新しいコンテンポラリーの側面を見せてもらえたというか、自分もこんな踊りができたりするんだということを知れて良かったです。これを機にコンテへの苦手意識が少しでも減れば・・・と思いますが、それはまぁ難しいでしょうね。笑

 

 

10公演のトリプルビルが終わってすぐですが、明日からはまた新しい作品のクリエーションが始まります。新作のトリプルビルが終わったらまた新作……笑 本当の意味で一息つけるのはまだまだ先になりそうです。

 

そして10月頭には野外公演も待っています!キャストや演目のチョイスによって出演するかしないかは変わるんですが、そちらのリハもあるでしょうし、2つ目のプロダクション「ジゼル」のリハもぼちぼち始まってくるそうです。体には気をつけて今後も頑張ります。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

ポチッとお願いします。