いよいよ公演週

ついにパフォーマンスウィーク到来です。2019年が始まってから2ヶ月弱、ようやく本拠地での公演となります。

先週1週間は毎日通しでのリハーサルでした。

日替わりでいくつかの役を踊りましたが、男性はまだ楽な方で、女性はカバーもなく毎日3、4役を踊り続ける過酷な公演、それが「眠り」です。つくづく女性には頭が上がりません。

キャストも決まり、僕は3公演+1ゲネで

木曜公開ゲネ&土曜ソワレ:プロローグのカバリエ、1幕ワルツ

金曜ソワレ&日曜マチネ:プロローグのカバリエ、3幕ブルーバード

というスケジュールで出演させていただけることになりました。

以前の記事でも書いたように、ブルーバードは僕のコンプレックスの塊のような役で、基本的に何度踊ってもあまり自信が持てないでいます。自分の中での満足度が低いというか…。

それが踊りから見えたのか、あるいは単に顔に出てしまっていたのかはわかりませんが、金曜日の衣装付きリハの後に監督に呼ばれて、それを指摘されてしまいました。内心はどうあれ表面的には普通に踊っていたつもりなんですが、やっぱり伝わってしまうものですね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕にとって「眠り」は人がどれだけ褒めてくれても、いい評価をくれても、自分の中での満足度がなかなかついてきません。

でも、満足しない、妥協しないというのは良いとしても、それで自信なさげに見えるのではダンサーとして本末転倒ですよね。自分のダンサーとしての心の持ちようというか、自己評価というか、うまく言えないですが、色々と考えさせられます。

自分の中で課題は山盛り、一生満足はしないと思いますが、それでも僕ならできると役を任せてくださったバレエ団の人たちに報いるため、お客さんのためにもとにかく100%の自分の力をぶつけて、舞台上のその瞬間は自分こそがスーパースターだくらいの気持ちで踊ろうと思います。反省会はその後で……。

僕にとって今シーズンで1番大きな意味を持つ1週間になりそうです。

怪我や風邪には気をつけて、最高のパフォーマンスを提供できるように頑張ります。

それでは今日はこの辺で。

 

よければ下のバナーをポチッと、お願いします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


各種SNSのフォローはこちらから

スポンサーリンク