通しリハ開始

今週からついに通しのリハが始まりました。

「眠り」は役がとても多く、さらに今回は一部で3つキャストがある(普段は1、あるいは2キャスト)のでリハーサルがすごく大変です。

例えば通しの初日である今日は、オーロラ姫が二人いてローズアダージオも2回やるという、なかなかカオスなリハーサル。笑

今日は月曜日で週の初日でしたが、インターバルも本番の通りに、初めてブルーバードを通しでやりました。

終わってハケてしばらくは、足がガクガクしてしまうくらい疲れましたが、なんとか最後までスタミナを切らさずにやれたかな?と思います。疲れてる感を出さずにやれたかは、ちょっとまだ自信がないですが……。

先週から少しずつ、休憩を長めにとりながら通しのリハも進めていたんですが、もう本当に辛くて、足はついてこないし跳べないし、どうしようかと思っていたんです。だから今日の通しをとりあえず無事に終えられてホッとしています。

この手のとにかくスタミナを要求される作品は、体力配分のコツをつかむためにもひたすら「通す」以外の練習法が無いというのがまた辛いところではありますが、これもダンサーの宿命であり、役を任された側の義務でもあります。怪我には気をつけて、スタミナをどんどんつけていきたいと思います。

青い鳥のことばかり書いていますが、1幕のワルツの群舞も、これ群舞?ってくらいハードなので、こちらをやりきるためにもスタミナは必須。タルサバレエで「楽な踊り」はあり得ないようです。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の「眠り」では、フロリムンド王子役にゲストがいらっしゃいます。

2013年から2017年までタルサバレエのプリンシパルとして活躍されていたダンサー、 Hyonjun Rhee です。

もともと韓国のユニバーサルバレエで踊っていた方で、タルサバレエに移籍、その後再びユニバーサルバレエに戻り現在も活躍されています。

その長身から繰り出される安定感抜群のテクニックに磐石のサポート、舞台上での存在感などなど、尊敬するダンサーの一人です。またお会いして踊りが見れるのがすごく楽しみです!

予定では明日にもタルサに到着してリハーサルに参加するとか……。

明日はおそらく2、3幕は僕はお休みなので、前からしっかり見て勉強したいと思います。

それでは今日はこの辺で。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク


コメント

  1. 風の精シルフィード より:

    教えてください!
    2幕の冒頭の有名な花のワルツではなくて、
    1幕の妖精達が出るワルツもハードなのですか??
    では2幕はもっと辛くなりますか?
    眠りは長いのですが、全幕もので1番大変な演目もやはり眠りでしょうか?

    • しゅうへい より:

      プロローグは妖精のソリストが大変ですが、あとの人たちはそこまで踊らないのでまだ大丈夫です。
      1幕の花のワルツがすごーく大変です。ワルツカップルも、オーロラの友人も入り乱れて踊るのでみんな疲れます。笑

      3幕以上ある全幕はどれも大変ですが、男性は基本的に出なくていい幕が存在するのでラッキー(?)ですよね。
      女性はどの幕も頭から終わりまでいなきゃいけないことの方が多いので本当に大変です。そういう意味では「白鳥」が一番大変な気がします。

      • 風の精シルフィード より:

        ありがとうございました。
        なーるほど眠りは1幕ではなくプロローグ→1幕という具合でしたか!
        あの有名な花のワルツがそれほど大変とは踊っていない人、観客もホォーッと驚くと思います。
        ということだと3幕終わりのエピローグの大円団も気合いで乗り切るのかなぁと想像しています。