Creations in Studio K 終演

先日の日曜日をもちまして、全10公演の “Creations in Studio K“が無事に終演しました。

シーズン最初のプロダクションが全て新作で、0から作り上げるトリプルビルというのはタルサバレエの特色の一つで、監督がある意味一番力を入れているプロダクションでもあります。そのぶんダンサーに求められるものは大きく、大変ではありますが、ダンサーにとっても得られるものは多く、いい経験になると思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なかなかハードではありましたが、今回は3作品全てに出るということはなかったため、体力的にも精神的にも余裕がありました。なので追い詰められることなく、割と楽しんで公演を終えられたような気がします。

連続公演では集中力を切らさないことが何よりも難しいと僕は思っているので、このプロダクションでも最後まで怪我なくミスなく(多分?)やりきれて、ホッとしています。

今週末にはフィルブルック美術館の庭園劇場で野外公演があります。

が、リハーサルはその公演のものと並行して

  • 春のヨーロッパツアーの演目のひとつ  “The Green Table
  • 次(10月末)のプロダクション  ”Dracula

のリハも入ってきています。

今日は久々に午後オフでリハーサルは少しだけでしたが、明日からは、少なくとも来週からは色々とまた新しいことが始まってきそうです。

ドラキュラはまだ見たこともやったこともない未知のバレエなので、どんなバレエなのか今から楽しみです。

それでは今日はこの辺で。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク