Fancy Free リハ納め

done first week of the season!!! #tulsaballet #maledancer #ballet #balletdancer #jump #pirouette

Shuhei Yoshida 吉田周平さん(@shuheyoshida)がシェアした投稿 –

クラス後のお遊び。

タイツがお気に入りのワインレッドでテンションが上がります!あまりウェアにはこだわらない方なんですが、たまに気に入ったものを着てレッスンすると、いつもより集中して踊れるような気がします。

はい、というわけで2週間にわたる “Fancy Free” のリハーサル期間が終了しました!今後は時間のあるときに少しずつリハーサルして、本格的にリハーサルが再開するのは4月、最後のプロダクションの直前となります。

今年はツアーが2週間もあったり、全幕もののクリエーションがあったりと去年以上に忙しいシーズンになるため、今この時期に5月の作品のリハーサルをすることになっていたんです。つまり最初のプロダクションのリハーサルは来週から、まだ始まってもいません!今シーズンのスケジュールはかなり複雑です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回、リハーサルをつけてくれた先生は Judith Fugate という方。

彼女は現在は Ballet NY のディレクターで、バランシントラストやロビンズライトトラスト(バランシンの作品やロビンズの作品の権利を管理する団体)のステージャーとして数々の著名な作品の指導、ステージングを行なっています。

また、かつてはニューヨークシティバレエのプリンシパルも務め、ミハイル・バリシニコフヘルギ・トマソン(現サンフランシスコバレエ芸術監督)、フェルナンド・ブフォネスなどのレジェンドダンサーたちとパートナーを組んだ、生ける伝説のようなバレリーナでもあります。

Fancy Free においては、バリシニコフと一緒なステージで踊り、彼の踊る姿を舞台上で見ていたとのこと。本当にすごい方と一緒に仕事してたんだなぁ……と今更ながら感動を覚えます。

コーチングは明快で的確、進度も早くついていくのは大変でしたが、とても実りあるリハーサルになったと思います。教わったことを忘れないよう、そして他の作品にも活かせるよう、自分の糧にしていきたいです。

彼女は1月にバランシンの “Who Cares?” のリハーサルでまた来てくださいます。またキャストに入れるかは分かりませんが、是非また一緒にリハーサルしたいなと思わせてくれる、素敵な方でした。

そんな感じで、充実した2週間を過ごすことができました。

来週からはまた新たな作品のリハーサルが始まります。が、2年前の再演ということでキャストは前回とほぼ同じなので、踊らない可能性の方が高いかも?

1週間暇になっても調子を崩さないよう、日々のレッスンにも引き続きしっかり取り組んでいきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

P.S. ある朝のカンパニー。太陽光線がいい感じだったので。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク