Young Soon Hue のクリエーション

Young Soon Hue のクリエーション

 

今週からまた新たなクリエーションが始まりました。

今回やってきた振付家は Young Soon Hue という方です。

 

 

東京のアーキタンツでも講師を務めていらっしゃるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?僕はアーキタンツは行ったことがないので、今回初めてお会いしましたが…。

 

 

ヨンスン氏は、フォーサイスカンパニーやチューリヒ、バーゼルなどでプロとして活躍したのちにコレオグラファーとしてのキャリアをスタートさせました。現在はドイツのデュッセルドルフのバレエ団でミストレス兼専属振付家を務め、これまでにもオーストラリアのクイーンズランドバレエ、ドイツのハーゲンエッセンアウグスブルグデュッセルドルフ韓国国立バレエユニバーサルバレエなどなど数多くのバレエ団に全幕ものを含む多くの作品を振り付けています。

 

 

タルサバレエには3つの新作を振り付けていて、今回が4回目。監督イチオシの振付家の一人ということですね。

 

 

 

彼女の作品ですが、とにかく早い

緩急はあるのでところどころ粘っこく動いたりはしますが、基本的には素早くキレキレに動くことが多いため、とにかく忙しい感じです。

 

 

そして早いのはダンスだけでなく、進度も。

彼女の中でもう構想は全て決まっているようで、最初にまずどういう構成で何人くらいのキャストで……ということを説明してくれました。そしてどんどん先に進むため、一息つく暇もないくらいです。

 

明日からまた脳みそパンク寸前の日々が続きそうですが、なんとかついていこうと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

P.S. 今日はアメリカ本土で皆既日食が見られた日でした!米国本土を皆既日食が横断するのは99年ぶりだそうですね!お恥ずかしながらその辺りのニュースを全く知らなくて、見ることができませんでした……残念!

 

日食だ!と気付いた時にはほとんど終わっちゃってたんですよね…。でも、かんかん照りに晴れているはずなのに、全体的に薄暗くて、なんだかすごく不思議な、どこか気持ち悪い雰囲気に周りは包まれていましたね〜。

ポチッとお願いします。