膝の痛み対策

膝の痛み対策

 

 

バレエをやっている人が痛める部位で多いのはですよね。(多分1位は足首)

 

怪我ではなくても、今日は膝がちょっと痛いなー…みたいなことってバレエダンサーにはあるあるなんです。何もしなくても治ることが多いんですが、そういうことを少しでもなくす、あるいは痛んだ時にすぐに改善するためにやったほうがいいことをいくつか書きたいと思います。

 

バレエをよく知っている方には常識かもしれませんが、ご容赦ください。

 

 

太ももをほぐす

 

膝と直接関わることが多いのがやはり太ももです。

太ももの前側、「大腿四頭筋」は膝を伸ばすのに大事な筋肉ですから、ここがほぐれていないとどうしても痛みが発生しがちです。痛くなくてもここがずっと凝ったままだと無駄に足が太くなってしまう原因にもなるので、きちんとストレッチしてマッサージすることをお勧めします。

 

大腿四頭筋だけでなく、太ももの外側、側面の筋肉も大事です。「大腿直筋」と言いますが、これも膝の伸展に関わる筋肉で、ケアを忘れがちです。ローラーやボールなどを使ってゴリゴリやるとものすごく痛いですが、効果てきめんです

 

そして言わずと知れたハムストリング。太ももの裏側の筋肉ですが、こちらもよくストレッチしておかないと膝が伸びにくかったり、アンデオールに影響したりします。またハムストリングは膝だけでなく股関節とも連動するため、股関節の痛みにも関わってくることがあります。しっかりほぐしたほうがいいと思います。

 

 

 

お尻をほぐす

 

意外かもしれませんが、膝が痛い原因がお尻のコリだった、ということは結構あるんです。

お尻の筋肉「大臀筋」は人体の筋肉の中でもかなり大きい方で、2足歩行をする人間にとってはなくてはならない大事な筋肉です。昔、「お○りかじり虫」なるものが流行った時期がありましたが、本当にそんな虫がいたら人類滅亡の危機です。

 

 

お尻の筋肉は立って歩いているだけでもよく使われる筋肉なので、踊るときにはもっともっと酷使されます。後ろに足を上げるとき、ターンアウトするとき、いろんな場面でお尻の筋肉は大事になってきます。つまりそれだけ疲れも溜まりやすいんです。

 

疲れて凝り固まってしまったお尻の筋肉をほぐすことで、そこから繋がっている太ももの方の筋肉もほぐれ、結果的に膝の痛みが軽減することは多いです。しっかりお尻をストレッチして、テニスボールなどでお尻をゴリゴリほぐしてあげましょう。

 

 

ふくらはぎをほぐす

 

そして膝と直結しているといえばふくらはぎです。

ふくらはぎの後ろの筋肉の一つ、「腓腹筋」は膝の後ろの方まで繋がっているので、ここのコリが続くと膝の裏側の痛みを誘発する恐れがあります。

 

また、膝裏の中の方には「足底筋」「膝窩筋」といった小さな筋肉があり、これらの筋肉が炎症を起こすことで膝を深く曲げたときに痛い、膝に少し捻りが加わると痛い、などといった症状が現れます。これらをほぐすためには、お尻太ももと並行してふくらはぎもほぐしてあげることが大事です。

 

そして「長趾伸筋」と呼ばれる、スネの外側の筋肉。この筋肉はアンデオールするとき、足の小指側を意識したときに使われるのがわかると思いますが、この筋肉が凝るとふくらはぎ全体のコリに繋がってくるので、ローラーの上に正座してゴロゴロするなどしてほぐしてあげるといいと思います。

 

 

 

と、膝が痛いときに試してみるといいことを少し書き出してみました。

長くなるのでそれぞれのストレッチ方法などは省きましたが、ちょっとネットサーフィンすれば専門のウェブサイトがたくさん出てくるので、もしわからない方がいたらそちらを参考にしてみてください。

 

もちろんこれは関節や靭帯などの重大な箇所に大きな異常が見られない場合の軽度な痛みへの対処法、または痛みの予防にすぎないので、長期間続くひどい痛みや、明らかに怪我をしている急性の場合にはまず病院に行って、お医者さんの診断を仰ぎましょう。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ポチッとお願いします。