世界のバレエのシステムの違い

世界のバレエのシステムの違い

 

今SNSで、とある舞台の出演料やチケットノルマに関することが話題になっていますが、これにはそもそものバレエが根付くための土壌の違いがすごく大きいと思います。すでに問題提起をしている方もいますが、僕は問題提起というよりも、まずは日本と世界のバレエにおける在り方の違いを簡単に書きたいと思います。

 

自分がルーマニア(欧州)とアメリカで働いた経験や、同じく海外や日本で働く友人から聞いたことを元にしていますので、参考程度にお考えください。

 

 

 

ヨーロッパの場合

 

ヨーロッパのバレエ団の多くは国立バレエ団です。バレエ団、というよりも○○歌劇場の中のバレエ団ということが多いですね。

僕の所属していたのも「ブカレスト国立歌劇場」の中のバレエ団です。バレエ部門と併設してオペラもあったりするのが普通なんですね。

 

そして「国立」なので、それは当然国の施設であり、国からの援助を受けています。要するにダンサーたちは公務員です。全てのバレエ団に適用されるわけではありませんが、ライフコントラクトを結ぶこともでき、その場合は生涯自分から辞めない限り解雇されません。そのため舞踊手としての引退はあっても職を失うということではなく、最低限の安定は保障されます(中央〜東ヨーロッパに多いです)。

もちろん、何年以内に昇格できなければ解雇、など厳しい規約を設けているバレエ団もあり、全てが必ずしも安定しているわけではありません。

 

 

また、オフシーズン中の給与も発生します。大抵7月8月あたりは劇場がしまって、アーティストたちの仕事はお休み、バカンスになりますが、その間もきちんと給与が支払われる場合が多いです。

国によって法律が違うので、外国籍の人たちは正規雇用はできず、従ってライフコントラクトは無理、とか休みの間は給料無し、とか例外もあります。

 

 

そして基本的にチケットは安く、気軽に観劇することができます。公演数も多く、公演がない間も館内は一部解放され見学できたりして、観光地としても機能しています。

 

 

アメリカの場合

 

以前の記事でも書きましたが、アメリカには国立バレエ団はありません。全てが私立、つまり独立した企業であり、会社です。そのため資金の獲得が何よりも大切になってきます。

 

なのでアメリカのバレエ団はチケットセールスやスポンサー獲得にすごく力を入れています(もちろん世界中どこのバレエ団でもスポンサーは大事です)。テレビCMや雑誌はもちろん、最近はSNSでの宣伝も主流になってきています。また、付属のバレエ学校からの収益も重要です。

 

また、以前にも書いたAGMAに加入していれば不当な扱いを受けることはなく、給与、労働時間、保険などは保障され、ダンサーが快適に働くことができます。バレエダンサーが労働者として、一つの職業として普通に成り立つ環境が整っています。

オフシーズン中は「レイオフ(一時解雇)」扱いとなり、自己都合での失職ではないため失業手当が支給されます。給与の満額とまではいかないものの、生活に支障をきたすほどではありません。

 

また、ヨーロッパでも言えることですが、バレエ団は基本的に街に一つだけあります。そのためバレエ団、劇場がその街のPRポイントになるわけです。なのでバレエ団をみんなで盛り立てて、どんどん押し出していこう!街の誇りにしよう!という気風もあるんですよね。

 

チケットも安いものは3000円くらいから買えるので、やはり気軽に足を運びやすいですよね。ショービジネスの本場アメリカだけあって特典や割引などのPRもきちんとしますし、バレエを知らないお客さんを呼び込む工夫を凝らしています。

 

 

日本の場合

 

日本はまず、一極集中状態です。たくさんバレエ団はありますが、多くが東京にあります。それはすなわち、お客さんの取り合いになってしまうんですよね。どのバレエ団にも歴史がありますし、見所はあるのに、どうしても全てを見にいこうとはなかなかならないですよね。チケット価格がどうしても高くなってしまうことも理由の一つです。どれだけ安くても、3000円でバレエの公演って滅多にないですからね……。

 

日本では国立バレエ団は新国立劇場だけですし、スポンサーがたくさんついて一つの企業として成り立つバレエ団も多くはありません。バレエダンサーという仕事も一般職扱いではないですし……。

 

 

そのため月給制など、安定した収入を得られるバレエダンサーは日本ではごく一部ですし、日本人の勤勉さも相まって労働環境も過酷になりがちです。そのため人材の海外流出なんていうのも問題になっていたりしますよね。

 

しかし、日本に全く馴染みのない「バレエ」という芸術を、バレエ大国と呼ばれるまでに日本に根付かせるのは並大抵のことではなかったはずです。ここまで日本人ダンサーが増えたのは今の日本のバレエ界あってのことですよね。日本のバレエの先駆者の方々には本当に頭が下がる思いです。

 

それでもやはり本場海外と比べてしまうと、そもそもの土壌が違うため、根っこから変えるというのは本当に難しいですよね……。

バレエだけで暮らすということは、バレエに関わる全ての人たちの理想ですが、その理想を全ての人たちの現実にするのは本当に大変です。まだ日本のバレエの歴史が、ヨーロッパやアメリカに比べて浅いからです。日本のバレエを作ってきた先人の方々に続いて、僕らも引き続き水準を引き上げていくために何かしなくてはいけません……。

 

例えばお相撲さんのように、番付とかそういうものに関わらず、相撲部屋に入門した時点で衣食住完全保証で生活には困りません!みたいなシステムがバレエにもあれば良いんですけどね。笑

 

 

なので、ノルマが高いなーとかそういう表層の問題は、ノルマがあるから日本のバレエ界は……という単純な問題ではないと思うなー、という僕の考えでした。
例えばタルサバレエにしても、抱えるダンサー全員に安定した給与を払えるようになるまでには、創立から40年とかそれくらいの歴史がありますし、海外のバレエのシステムが整うのにもすごく時間がかかっているわけです。だからそもそもバレエが広まるのが遅かった日本にそれがあまり浸透していないのは当たり前といえば当たり前の話ですよね。
チケットを売るために四苦八苦しているのはどこも同じで、ノルマ自体はきちんと客席を埋めて利益を出すための手段の一つでも有りますし、ノルマが悪いとは僕も思いません。与えられたチケットを自分の名前で捌けるのがプロ、というのも一理ありますし、頭ごなしに「ノルマが悪い」と、そう決めつけてはこの問題は何も解決しませんよね。
ここまでまずは日本にバレエを広めてくださった方々、そしてそれを本場の水準に近づけようと努力されている方々に敬意を払い、僕たちの世代もそれに続けるよう努力していかないといけないな、と思います。

ポチッとお願いします。