いよいよ

いよいよ

 

明日から遂に2017〜2018シーズンが始まります!

 

タルサバレエ団の今シーズンのプログラムは、

 

Creations in studio K (9/15~9/24)

 

Don Quixote (11/3~11/5)

 

the Nutcracker (12/9~12/23)

 

Strictly Gershwin (2/9~2/11)

 

Cinderella (3/16~3/18)

 

Signature Series (5/3~5/6)

 

の6つで構成されています。

それぞれの演目については、その時期がきたらまた色々と書こうと思います。

 

年間で30公演ほどですが、合間合間にツアーや、主にスポンサー向けのショーが含まれていたり、野外公演のようなものがあったりと、公演数は多くないように見えて意外と忙しいのが実状です。

 

また、ブカレスト国立歌劇場バレエ団にいた時は、ヨーロッパの首都の劇場だけあって団員数は多く、自分は出ない公演もあったりしたんですが、タルサバレエでは一部のソリストを除いて全公演出演が基本になっています。

アメリカのバレエ団は少数精鋭でやっているところも多いので、ダンサーにもタフさが求められます。そのためジムがスポンサーについていたり、身体のケアのためにテラピストがバレエ団に常駐していたりと、ダンサーを支える環境はすごく整っています。

 

 

 

今シーズンは一体何が待ち受けているのか、楽しみもあり恐ろしさもあり、複雑な心境ではありますが、ぬるま湯じゃないこの環境に飛び込んでいけることに感謝して、明日から全力投球したいと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ポチッとお願いします。