The Green Table

……自分でもよく分からないポーズです。笑

はい、そんなわけでまた新しい1週間が始まりました。

今週から、Kurt Jooss 振付の The Green Table のリハーサルが始まりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グリーンテーブルは、全部でなんと37分もある作品で、アンチ戦争をテーマにした中編バレエです。

「グリーンテーブル」とは、会議の場のことを指します。政治家たちがああでも無いこうでも無いと話し合いを重ね、ついに戦争になる、そんな様子を表現しています。

この場面は作品の一番最初と一番最後に出てきて、この「グリーンテーブル」の場面に挟まれるような形で、実際に戦地へ赴く兵士やその家族であったり、恋人であったり、民衆の苦しみが描かれます。

戦争の現場を知らぬ人たちが、卓上で戦争を起こすことを決め、実際に苦しむのは卓から遠く離れた戦場の民衆……強烈なメッセージが込められていますね。

僕は、戦地に赴く若い兵士の役をリハーサルしています。恋人を置いて戦場へ行かなくてはならない苦悩や、実際に力強く戦場で戦う姿を表現する……みたいです。まだリハーサルは始まったばかりなので分からないことだらけですが。

youtube上に全編載っている動画がいくつかあったので、興味のある方は是非見てみてください!最近ではABTが上演したものが有名ですね。

というわけで、まだまだこれから覚えることだらけですが、頑張ります。

それでは今日はこの辺で。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク