“Gershwin” 曲紹介

また週末が終わってしまいますね〜。なんども言いますが、土日は本当にあっという間です。

この土日はすごく温かくて、10度後半まで気温が上がりました。

13度と書いてありますが、実際はもっと暑かったと思います。

日差しも気持ちが良くて、バルコニーでベンチに座って半裸で日光浴、というなんとも外国かぶれな過ごし方をしてました。笑 まだ1月も終わっていないのにこの過ごしやすい気候、ありがたいです。まぁ、またすぐに氷点下とかまで下がっちゃうんですけどね〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて、明日からまたリハーサルが始まりますが、いよいよ全幕通してのリハーサルが増えてきます。今日はぼくが踊るナンバーを紹介しようと思います。

I’ve got rhythm

Rapsody in Blue

Shall we dance

Finale

who cares?

American in Paris

Opening 

こちらの7曲です。

当然、他にもまだまだガーシュウィンの作った曲が使われています。これらを編曲し、よりバレエとの融合を可能にしたブロードウェイミュージックとして作品が構成されています。聞き覚えのある曲も多いのではないでしょうか?

今週末にはタルサバレエ年間を通して最も大きなスポンサー向けイベントがあり、そこでガーシュウィンを抜粋したショーを行います。どのナンバーが来ても大丈夫なよう、気を引き締めて明日からも頑張ります。

それでは今日はこの辺で。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク