「くるみ」はサバイバル。

1週間ぶりの更新になってしまいました!

今週はなかなか忙しく、ブログを更新する余裕がありませんでした…。

2幕、ロシアンダンス。かなり不鮮明な映像ですけど、何となく雰囲気は伝わるかなー?と。でもこの画質でも不満な部分が結構見えます……。笑

タルサバレエに来てから自分の映像、特に舞台映像を確認できる機会がぐっと減ってしまったので、実際の踊りと自分が思ってるイメージが離れて行きやすくなります。だからこれまで以上に丁寧にリハーサルしないと!と改めて思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて、くるみシーズンも後半戦に突入しました。

金〜日曜日で4公演を終え、残すは次の金・土の2公演となりました。

しかし、今週はかなり過酷な1週間でした。

火曜日から木曜日まではバレエ団のスタジオでのリハーサルだったのですが、くるみのリハーサルはもちろん、何とシンデレラのリハーサルもみっちり詰まっていました。

新しく覚えるリハーサルというのはハードでなくても消耗するもので、本番の金曜日を迎えるまでにダンサーの疲労はかなりのレベルに。

そして本番の金曜日は夜公演だったのですが、何と午前中に一度ゲネプロがありました(!)。実質ダブルショーです。そして翌日土曜日も昼夜の2回公演。金・土・日の3日間で5公演こなしたと思うとかなりハードスケジュールですね…。

そして致命的なのは怪我人の状況

現在タルサバレエの男性の正規団員の数は14人。そのうちの何と5人が怪我で離脱してしまい、わずか9人+セカンドカンパニーのメンバーで公演を回していく必要がありました。

まして演目はくるみ、役が多いので有名な作品です。一人で3つも4つも踊る人がいたり、急な怪我人の代役ということでリハーサル不十分、あるいはポジションが違うため覚え直しの人がいたりと、大ピンチでした。

一応僕はここまで無事に乗り切って来ましたが、怪我人のカバーのために僕も代役やキャストチェンジも経験して、今週は相当消耗しました。くるみは本当にサバイバルだなーと感じます…。いかに公演のクオリティをおろそかにせず、なおかつ元気に、怪我なくコンディションを保てるか。プロのダンサーに必要な一番大事な才能は、頑丈な身体、かもしれませんね…。

今日と明日はお休み。水曜日からまたリハーサルが再開します。

残り2公演を終えたら冬休み。最後の最後であららー、なんてことにならないように、2017年最後を綺麗に締められるよう、気合い入れて行きたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク