「ドン・キホーテ」始動!

最初のプロダクション “Creations in Studio K” も終わり、カンパニーは次なるプロダクションに向けて動き始めました。

次のプロダクションは、11月頭にある「ドン・キホーテ」です!

古典バレエの中でもキャラクター要素が強い作品で、伊達といった外連味たっぷりのバレエです。

特に3幕のキトリとバジルのグランパドドゥは、世界中のガラ公演でも踊られる定番中の定番、バレエといえばドンキでしょう、というような方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今のところ僕は、トレアドール(闘牛士)ジプシーの頭領にキャスティングされています。

どちらもルーマニア時代にやったことがある役ですが、振り付けが微妙に違っていて、また色々と覚えることがある感じです。

例えばジプシーボスのソロはルーマニアのバージョンのものより長いソロがありますし、トレアドールはなんと4人しかいません!6人以上いるバージョンしか僕は知らなかったので、少数精鋭(?)のトレアドールは珍しいような気がします。

また、アンナマリー・ホームズのバージョンでは、3幕にフラメンコのシーンがあるそうで、明日はそのフラメンコのリハーサルがあります。ファンダンゴと近いのでしょうが、「ガチのフラメンコ」はやったことがないので、楽しみ半分、不安半分…ですね。

ともあれ、キャラクターとはいえ、数ヶ月ぶりのクラシックバレエができるのがとても嬉しいです!楽しみながら頑張っていこうと思います。

それでは今日はこの辺で。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク