僕がジャンプしてる時

バレエダンサーに欠かせないのはジャンプですよね。

特に男性は大きなジャンプ無しにはバレエは踊れません。もちろん女性も、低いジャンプでは見栄えも良くないし、足に負担がかかります。

僕は細かい足さばきや回転よりは、まだジャンプの方が得意です。たまに「どうやって跳んでる?」と聞いていただくこともあるので、今日は僕がジャンプする時に考えていることを挙げてみたいと思います。

グランバットマンとお尻を意識する

グランジュッテなどの開脚を伴うジャンプや、ソデバスクや540などの男性のアクロバットなどの大きな跳躍のときに気をつけていることです。

簡単にいうと、グランバットマンで大きく足を振り上げて、振り上げた足を下げずに、足の方にお尻を引っ張っていく感覚です。

結局、ジャンプはお尻の位置が上がらないと跳んだことにはなりません。一見跳んでいるようでも、それは足が上がっているだけで腰の位置は変わっていない、ということはよくあります。

そこで、お尻の位置を上げるためにグランバットマンに助けてもらうというわけです。グランバットマンの勢いでお尻を足の方まで寄せていくというわけです。ひとつ山を越えていく感じというか……。

言葉だけだと分からない方もいらっしゃると思いますので、ぜひ熊川哲也さんのグランジュッテの映像を見てみてください。すごすぎて逆に参考にならないかもしれませんが(笑)、僕の言わんとしていることは伝わるかもしれません。

引き上げ

これは当たり前のことですが、やっぱり大事です。

身体が十分に引き上がっていないと、ジャンプは重くなりますし、着地がドシーン!となってしまいます。着地の衝撃は足だけでなく全身にいってしまいますので、身体への負担も大きくなります

「跳んでやる!」と思って力んで跳ぶと、引き上げのことは忘れがちですよね。僕もよくあるんですが、力一杯跳ぶよりも、少し脱力して、引き上げを意識してふわっと跳んでみた方が結果的に高く跳べる、あるいは滞空時間の長いジャンプに見えます。基礎に立ち返ることって本当に大事ですよね…どのバレエの先生もおっしゃることですからね、引き上げは。口すっぱく言われてきたはずなのに、ついつい僕も忘れてしまうことがあります。

力を抜く

引き上げにも関連したことですが、力みは大敵です。

これは僕もいつも直されることでまだまだ足りないのですが、顔とか首とか腕とか、余計なところに必要以上の力が入ると伸びやかさは失われ、軽々としたジャンプはできなくなります。

空中で一瞬身体が浮かんでいるような、水中に漂っているかのような、そういう脱力できる瞬間を作るようなイメージで僕はやってます。

ジャンプ前後のプリエ

これも基本中の基本ですが、意外と忘れがち。

プリエ無しには跳ぶことはできません。踏切をきちんと行うことで、足の力が正しく床に伝わって、大きく跳ぶことができます。踏み切る時には足の裏全体でしっかり床を蹴って床にも助けてもらいましょう。

ジャンプのことを考えるあまり、助走のステップやグリッサードを大きくしてしまったり、そこですでに弾んでしまう場合がありますが、それだとメインのジャンプの大きさが映えませんし、正しく跳べません。

また、着地のプリエももちろん大事です。身体への負担ももちろん、柔らかい着地や音のしない着地のためにはプリエが必要不可欠。僕の理想は、ABTの「海賊」でランケデムを踊るウラジーミル・マラーホフのプリエ。あの猫やヒョウのような柔らかな着地ができたらすごいですよね〜……。

腕のコーディネーション

足の力だけで跳ぶのは限界があります。腕にも助けてもらいます

アームスは足よりも少し先にポジションに到着します。これも基本なんですが、ジャンプの際にもこれを意識することで、腕に身体を引っ張り上げてもらうことができます。

信じる

ここへきて精神論!?

ですがあながち間違いではないと思います。

僕は昔から跳びはねるのが好きで、幼稚園の工作で翼を作って背中に背負って、ぴょんぴょん跳びはねながら本当に空を飛べないか試したことがあります。笑

でも「跳べる!」と信じて跳ぶことは無駄ではないかと思います。

僕も袖で「僕はできる!」と言い聞かせてから舞台に出ることもありますし(笑)、気の持ちようというか、メンタルは踊りにも大いに影響します。練習の時には考えなくてもできるようになるまで色々気をつけてやるべきですが、本番では考えすぎずに気持ちよく跳んだ方が伸びやかに見えたりしますし……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

他にもいっぱいコツはあると思いますし、個人差もありますから一概には言えませんが、僕がパッと思いつくジャンプのコツを書き出してみました。

あと単純に思いつくのは「筋力」なので、何をやってもジャンプが跳べないという人は、筋トレをして筋力と体力をつけるのが手っ取り早いかもしれません。

あくまで僕の感覚の話ですので、参考程度にご覧下さい。

基本的には先生がおっしゃることを素直に聞けばできるようになるはずです。

バレエは上手くできていて、教科書通り、基礎通りに踊ればなんでもできるし怪我もしないんだそうです。できないとか、痛めるということは身体の使い方がどこか間違っていると聞いたことがあります。バレエは奥が深いですね……。

それでは今日はこの辺で。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク