Choreographer’s Circle

2つ目のクリエーションが完成しました!!イエーイ!!

いやぁ、先週の様子から察するに完成はギリギリ、もしくは今週中には無理で9月の本番直前までかかるかも……と心配になるくらい複雑な作品なんですが、今週のピケット氏の追い込みと、それに応えるダンサーの勢いには目を見張るものがあり、気づいたら完成していました。笑 もちろん本番直前まで手直しは入りますけどね!振りもまだまだ変わる可能性アリです。

振付家によって作品を作る、リハーサルを進めるプロセスは色々違いがあります。一見回り道をしているようで、蓋を開けてみれば一つ目のクリエーションよりも早く完成してしまったという何とも不思議な話ですが、これら全てが計算づくだとしたら、もう振付家の脳みそは僕のような凡人の及ぶところではありませんね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピケット氏のすごいところは、スタジオにいる全員を見ているということ。どのキャストに入っているとか、どこで踊っているとか、そんなの関係なく全員が目に入っています。

なので、それぞれのダンサーの得意なことや、より秀でている部分をすぐに見つけて、それを作品に生かすべくどんどん振り付けを加えていきます。

現に僕も、とりあえず与えられた振り付けを自分なりにやっていたところ、その一部がすごく気に入ってもらえたらしく、いくつかの箇所に僕のその動きに着想を得た振り付けが加わりました。

これはもちろん僕だけでなく、「それいいね!」「それ採用!」という感じでいろんなダンサーから得た様々なステップが作品に組み込まれています。

彼女にも振付家としてのこだわりはもちろんあるのですが、逆にいい意味でこだわらない部分、自分のアイデアよりもダンサーからインスピレーションを得れば即採用、という柔軟な姿勢がとても素晴らしいと思います。自分の作りたいもの、というよりも、とにかくいいものを!!というクリエイターとしての情熱がひしひしと伝わってきます。

そして今日はスタジオでのリハーサルの様子をお客さんに見せる「Choreographer’s Circle」というイベントがありました。ここにきてようやくタイトル回収ですが、基本的にもう書くことはありません。笑 お客さんに見せました、というお話で、言いたかったことは前置きで全部書いちゃいました!

そういうわけで、今週はあと2日残っていますが、いい意味で危機感は無く乗り切れそうです!より良い作品を作るために何かできることはないか、自発的に探りも入れつつリハーサルに参加していきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク