京都 小旅行 その3

京都紀行の第三弾です!これで京都のお話は最後になります。

祇園祭を見て一日目の観光を終えたところまで前回は書いたので、今回はその続き、二日目に訪れたところをご紹介します。

本能寺

二日目にまず訪れたのが本能寺。「本能寺の変」の舞台となった、まさにそのお寺です。と言っても本能寺は何度も焼けては再建していますし、元あった場所から移転して今の位置にあるそうです。

織田信長を祀った施設は全国に多くあるそうですが、本能寺もその一つ。しっかりお参りしてきました。移転先とは言え、普通に周りにはビルなどが立ち並ぶその中に寺院があるというのは、なんだか面白いですね。風情があるような無いような……。現代と過去が入り混じった空間、というとかっこいいですけどね。

伏見稲荷大社

次に訪れたのが伏見稲荷大社です。千本鳥居で有名で、敷地や参道には数え切れないほどの鳥居が建てられています。少々値は張りますが、自分の名前を刻んだ鳥居を奉納して、建ててもらうこともできるみたいですね。

  

お宮はこんな感じ。赤が特徴的、と月並みなことしか言えませんが…笑

いたるところにお祀りしてある、お稲荷さん像。これは油揚げを咥えているものですね。伏見稲荷大社の名の通り、全国にあるお稲荷さん神社の総本宮ということもあり、近くには油揚げや稲荷寿しのお店もたくさんありました。

本殿にお参りするだけならそこまで大変ではありませんが、全部のお宮に参拝するためには稲荷山を登る必要があり、頂上の一の峰まで行こうと思うと登るだけでも30分〜1時間はかかるので、ちょっと覚悟して行ったほうがいいかもしれません。

ちなみに僕は時間の都合もありましたが、まさか登山とは知らず着替えが足りなかったので、中腹に差し掛かる前に断念しました……笑

車折神社

最後に向かったのが、芸能の神様でよく知られる車折神社です。

僕もバレエダンサーの端くれ、芸能に携わる身としては、一度芸能の神様に詣でておかねば!ということでお参りしてきました。

写真は嵐電の車折神社前駅のもの。境内では真面目に、たくさんお参りしてきたので写真を撮るのを忘れていました。笑 芸能人の名札がたくさん奉納してあって、好きなタレントさんの名前を探すのもすごく楽しかったですよ!

とまぁこんな感じで京都観光を終えました。

二日目はもっと観光もできたんですが、次の日がアメリカに出発の日だったので、パッキングなどもあるということでちょっと早めに帰りました。

それでも十分楽しめましたし、また来たいなぁーとすごく思いました!古き良き日本を感じられた二日間でした。夏のいい思い出の一つになりました。

それでは今日はこの辺で。明日はバレエの記事が書けるかな?笑

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク