京都 小旅行 その2

はい、今日も先日の京都散策のことについて書きたいと思います!

前回の記事では金閣寺に行ったことまでを書きましたが、今日はその後のことから。

金閣寺の後に向かったのは龍安寺です。世界遺産にも登録されている、「石庭」で有名な禅宗のお寺ですね。

この石庭は、どの位置から眺めてもどこか一つの石は必ず見えないように配置されているそう。不思議ですね。他にも作者や制作意図が不明であることなど、謎の多いお寺でもあります。なんだかロマンがありますね!

敷地の中には大きな池や鬱蒼とした森が広がっていて、俗世から隔絶された空間であることをすごく感じられます。この日も京都は暑かったですが、このあたりはジメジメしつつもすごく涼しく感じられた……ような気がします。

龍安寺を見たあとは一旦休憩して、祇園祭の催し物を見に行きました。

特になんのリサーチもしていかなかったので、観光に行ったその日が祇園祭の期間中だということも知りませんでした!笑 辺りを散歩していた時に偶然、お囃子が聞こえてそれで気がついたんです。

この日は神輿洗と呼ばれる祭事の日でした。

上の写真は、八坂神社と京都市役所の間を練り歩くお迎え提灯行列のもの。武士や巫女さん、あるいは鶴などに扮した方々が市役所前で舞踊を奉納します。

夜には、八坂神社から四条大橋に向かって、清めの儀式が行われます。4本の大きな松明やお神輿が印象的でした。

祇園祭の一部を見物した後は、ちょっと変わったスターバックスでお茶タイム。京都三条のスターバックスコーヒーには、川床があるんです。納涼床とも言われていて、川の方にせり出したテラス席のような感じです。

  

こんな感じでちょっとおしゃれな気分を味わえました。

普段はそもそもスタバにすらあまり行かないので、二重に新鮮でした。笑

そして、この日のお土産というか、一目惚れして買ったのがこちら。

一見普通の招き猫に見えますが、実はこの猫ちゃんには特にご利益があるそうです。その理由は、この猫ちゃんが三毛猫のオスだから。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、三毛猫っていうのは遺伝的にメスがほとんどで、オスの三毛猫が生まれることが非常に稀だそうです。そういう珍しい猫だからこそ、他の招き猫よりもご利益があるんだそうです。

この猫ちゃんがオスだという証拠は……ほら、5円玉の近くを……。

写真が多くなってしまったので、今回はこの辺りで締めさせていただいて、次回で京都観光の記事はおしまいにしたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

P.S. 自分で一からブログ・ホームページを作ったのは初めてなので、カスタマイズや調整にすごく手間取っています。もし何か見れないとか、表示がおかしいといった不具合を見つけられた方は、お問い合わせフォームやコメントなどから教えていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

読んでいただいてありがとうございます。

よろしければ、ポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

下の関連記事や人気記事も、よろしければご覧ください。

ブログ記事検索で、キーワードから記事をお探しいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク